起業の際に受けられる補助金制度について

起業をする場合の補助金制度の活用方法とは?

小規模経営者向けの補助金について

小規模事業者持続化補助金とは?

開業を始めると販路拡大などで費用が少なからず発生するでしょう。小規模事業者持続化補助金により、中長期的な生産性向上や持続的な発展に繋げるようにします。

種類が2種類あり、一般型であれば常時雇用の従業員20人以下の法人や個人事業主が対象。単独申請で50万円以内、補助率は3分の2以内となります。ウェブサイト作成や店舗改装など販路拡大に繋がるための取り組みを事業計画書に記載する必要があります。

低感染リスク型ビジネス枠もあり、上限額が100万円かつ補助率が4分の3以内です。感染症ウイルスのリスクを下げた取り組みが伝われば、審査への通過がしやすくなります。とはいえ、事業の方向性が明確に伝わらないと審査の通過は難しいでしょう。

審査で見られるポイント

補助金申請をする際の審査ですが、経営計画書や補助事業計画書を用いて進めます。新規で開業をする場合だと、事業者がこれまで培った技術やノウハウを基にした取り組みが記載できると、審査の際にプラスになるはず。

加点審査において、自社製品やサービスの強みが適切に把握できているか否かも条件の1つ。単にセールスポイントを伝えるのではなく、自社ならではの強みを明確に伝える必要があります。事業計画も実現性が高いものにしないと、審査時にプラスとなるのが見込めません。小規模事業者の強みを活かした独自の創意工夫の有無も、審査のポイント。他には、低感染リスク型ビジネス枠は対象外ですが、書類の電子申請も加点対象のようです。

自分で事業計画書作成するのに不安を抱く場合は、事業コンサルタントのような頼れるサービスを利用するのも良いかもしれません。上手くすれば、起業後にもきっと活かせます。